東京と清里の二重生活をしているピアニストのひとりごと


by pianochika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
しばらく清里に戻れないな。
次は8月。
友人によると、今日は高原らしく涼しくなって、朝など窓を開けていると冷えるほどだと。
なんと羨ましい。
いよいよ八ヶ岳も観光シーズン。
けど、台風の影響を考えて、小淵沢のホースショーが中止になったそうだ。
小淵沢に山荘がある姪や甥たちは、毎年楽しみにしているイベント。みんながっかりしているだろうなあ。
この下旬の日曜はどこも観光地もイベントでいっぱい。あちこち中止になって、大変だ。

あれだけの大雨の被害の後だから、どこの主催者も神経質になっているなあ。

先日の跡見の合宿の翌日、二人打ち上げでロックへ。昨日のお礼も兼ねて。
よーし、久しぶりに昼間から飲んじゃえ!
今日はもう帰るだけだし、ピアノもサボろう。昼間飲むビールのうまいこと。今日はもう何もしないぞ!

おっ!ホットアップルクリスプが復活している。
これはメニューが改定して消えてしまった幻のデザート。
夏だけの復活らしいけど、このままメニューになってほしいなあ。

d0154638_09524529.jpg

ホットアップルクリスプはこれ。
d0154638_09524654.jpg

今日はデュンケルで決まり!
# by pianochika | 2018-07-27 09:43 | Trackback | Comments(0)

東京の暑さは殺人的

合宿の翌日に東京に戻ったのだけど、
この暑さはひどすぎる。
清里はそれでもやっぱり涼しかったのだね。

家のそばで車に乗っていたら、前に猫が歩いていて、ヨレヨレしていた。
いつもだったらネコは車の前だと、ピユーッと走り抜けるのに、そんな余裕はなかったらしい。
矢川に向かってヨレヨレヨレヨレ歩いていた。
見かけない猫だなあ。
もしかして川を求めて遠方から、熱中症を抱えて来たのかしら。無事かしら。
大丈夫かな、東京の動物たち。

カラスのガー君は無事だったけど、なんだか鳥も少ない。(ガー君には会うと必ず挨拶をする仲です)カラスはみんな声がちがう。聞き分けるのが最近の趣味になってしまった。

いつもの野菜スタンドに行くと

d0154638_00455289.jpg

あちゃー。
猛暑のためお休みですって。

そうだよな。ここクーラーないもん。
しょうがない、スーパーに行くか。
# by pianochika | 2018-07-26 00:37 | Trackback | Comments(0)
跡見の同窓生のアンサンブルの皆さんが
清里に合宿にいらした。

これが楽しかった!

卒業してから40年。皆さんそれぞれの人生を歩み、自分の歴史を重ねて、すてきな顔になっている。
それでいて会っていても昔の姿がそのままで、ちっとも時間の経過を感じない。同窓の不思議。

この学校を卒業して本当に良かった!と心から思った。
この歳になってこのように思えるのは幸福なことだね。

同窓の皆さんは、私の故郷なんだなあ、と感じた。

嬉しく感動したのは、皆さんはその場をいいエネルギーで満たそうとすることだ。
決してネガティブなものを吐き出さない。
もしあったとしても、すぐにいいエネルギーに変えてしまう。嫌な思いを相手にさせないという配慮が自然に身についている。
これは民度が高いということだ。

母校だから、ちょっと褒めすぎているかもしれないけど、会っていてこんなに安心感のある人たちは貴重だ。
これからも大切に大切にしていきたい。
私もそれに見合った人になれるように、毎日をきちんとしなくちゃ、ね。

音楽が作ってくれたご縁。涙が出そうなくらいありがたい。

d0154638_00302105.jpg



d0154638_00302291.jpg



d0154638_00302282.jpg



d0154638_00302268.jpg


せっかくの涼しいはずの清里高原も、歴史的な暑さで、皆さんびっくりしただろうなあ。
なんだか申し訳ない。

まだ観光客だった頃、「東京から来たの?暑くてごめんなさいね。」と地元の人から言われたことがある。
ちっとも暑くないのに。
でも今になって、少しでも暑いと、「ごめんなさいね。」って言っている自分がいて面白い。

清里、いいところだよ。またいつでも来てくださいね。


# by pianochika | 2018-07-26 00:12 | Trackback | Comments(0)

合宿の成果

やっぱり合宿はいい。

年配の方が多い場合、ゆっくりと休む時間を取る。無理のないように。
でも練習の時は、「きちんと」する。
このメリハリがとても気持ちがいい。

決して変な無理はしないこと。
でも、「だらしなく」、はならないように。

日常を離れて、音楽の世界に包まれる。

やっぱり合宿は来た方がいいよ。

d0154638_16230524.jpg



# by pianochika | 2018-07-18 12:08 | Trackback | Comments(0)

二つの合宿の連ちゃん

河口湖の大庭さんの合宿から昨日戻って来た。
今回は珍しく、二つの合唱団の連チャンでした。
そこで、二つの合唱団でアンコール曲を一緒に歌おう、お昼ご飯も一緒に食べようね、ということになった。

楽しかった。

年代も合唱団のあり方も全く違う二つの団がこうやって一つの時間を共有するのって、なんだかいいな。

いろんな合唱団が自分たちの個性を大事に保ちつつ、他の合唱団も自分たちのように大切に見守るという素敵なあり方。
こんなことが可能になるなんて、ぶどうの会のおかげだ。
それも時間をかけてじっくりじっくり育っていったのだ。

他の合唱団の方に会うときは、まるで大好きな親戚に再会するよう。
あのおばちゃんはお元気かな?お体の調子はいかがかですか?あら〇〇ちゃん久しぶりだね、と言った感じ。

そして合宿所の大庭さんに行くと、親戚のうちに来て甘えさせてもらっているような、トロンとした安心感。

今年も本当にお世話になります。
どうぞよろしくお願いいたします。

# by pianochika | 2018-07-18 11:54 | Trackback | Comments(0)